アパートの売却はしっかり行う〜ぶっけんはっけん情報局〜

感情とは無関係

青いシャツの男性

不動産を購入することは、誰にとっても大きな決断です。何千万円という借金を背負って、向こう数十年間をかけて返済する前提で勇気を出して購入する、最大の買い物が必要な取引ジャンルです。それだけの勇気を出して購入した不動産物件は、その購入価格も相まってなるべく高く売れてほしいという願望がつい出てきてしまいます。ですが、その願望は実際に買取を行ってもらって売却するためには、かなり厄介な存在になります。高く売れてほしいという願いが強すぎると、スムーズな取引を阻害するもの以外の何物でもなくなるからです。そこで考えておきたいのは、思い入れという敵を打ち負かすために必要な土地や不動産の売却時に活用される査定のポイントを学ぶことです。素人がいきなり専門家のような正しい査定を行うことは難しいです。それでも、何も知らないのと、きちんと知っているのとでは大きな違いがあります。

不動産の売却に失敗している人の多くは、思い入れなどからくる「ちょっとでも高く売れてほしい」「こんな値段しかつかないのか」という願望や落胆によって足元をすくわれています。ですから、素人でも自分の力で土地や建物などの不動産の価値を測る技術を習得することは欠かせません。それによって、自分自身の保有物件を高く売り抜くための技術を習得できると同時に、これからまたなにか物件を購入するときにも活用できる知識として役立ちます。不動産を所有するなら、冷静な判断の基礎として、土地や建物の価格判断をするための基準を自分で学ぶことが欠かせません。

GALLERY

家の形をしたキーホルダー

業者のタイプ

アパートの売却を依頼するときには、様々な不動産取扱会社に査定を依頼することになります。その時に気をつけたいのは、担当者や会社によって様々な取引の方向性があるため、適正価格は高く見積もられたり安く見積もられたりする点です。

黒のスーツの男性

情報収集の重要性

不動産の査定を行ってもらうときには、実際に取扱い会社の査定を段階的に行ってもらって情報収集を行います。いきなり一社で決めるのではなく、様々な会社に情報収集を依頼することがとても重要です。

住宅が並んでいる

4つの価格基準

土地の査定を行ってもらう時に気に留めておきたいのは、価格基準が4種類あるという点です。その種類の違いをわかっていることは、土地の価値を自分で理解することにつながります。

↑ PAGE TOP