アパートの売却はしっかり行う〜ぶっけんはっけん情報局〜

業者のタイプ

家の形をしたキーホルダー

アパートを購入する目的は、そのアパートから生まれる収益つまり家賃です。いくら大金をかけて建てたアパートでもそこから収益を生まなければ、その建物の価値は無いに等しいのです。逆に、建築費は少なくても収益が高い建物の価値は高くなります。所有する物件の収益率を高めようと誰でも思っているはずですが、条件的にはほぼ等しいアパートでも収益に差が出てしまう事実があります。そして、なぜほかのアパートに比較し収益が上がらないのかに気づかないオーナーは、空室にして置くよりはと賃料を下げて行くのです。つまり、競争に負けて行くのです。一度、競争に負けると、リベンジすることは難しくなり、最終的には入居率が上がらないことに嫌気がさし、安い価格で売却してしまうのです。

アパートの売却価格は、収益率によるところが高いのです。つまり、オーナーが持ち続けたいと思う物件ほど高く売却出来ることになります。では、どのようにすれば収益が上がるかですが、管理会社やオーナーは既に今の管理状況や建物の状態などについての注意力に欠けていることが多いのです。そこで、客観的な視点で現在のアパートの価値を判断してもらってはいかでしょうか。価値を判断するといことは売却価格を査定してもらうことになりますが、判断するに当たっては、その物件の問題点、優れている点などを評価することになります。つまり、何処が優れていて、何処が問題なのかを客観的に判断してもらうのです。そして、客観的に判断された問題点を解決することで、そのアパートの価値を売却価値を上げることが出来るのです。

↑ PAGE TOP